法人向け日程調整効率化ツール「AIカレンダー」を提供開始。 〜移動時間を自動で計算して候補日時を提案、企業が意思決定に集中できる環境を整備。〜

2021-01-21

|

株式会社AIトラベル(所在地:東京都港区、代表取締役:村田 佑介)は、法人向け日程調整自動化ツール「AIカレンダー」の提供を開始しました。
AIカレンダーはGoogleカレンダーと連携し、参加者の予定や自社の会議室の空き状況から、自動で候補日時を提案します。また、カレンダーの予定に位置を入力することによって、移動時間を自動計算し候補日時を提案することが可能になります。

今後は、各種経費精算システムや営業管理システムとの連携を予定しており、日程調整の効率化を実現し企業が意思決定に集中できる環境の整備を目指します。

◆開発背景
新型コロナウイルスの流行以降、オンライン商談・会議を導入する企業が増加傾向にあると言われています。一方で、意思決定に影響の大きい商談、緊急性の高いトラブル対応など、対面でのコミュニケーションが必要である場面は依然としてあり、企業の担当者にとってはコミュニケーションを対面かオンラインどちらで行うかを意思決定することが重要になりました。

また、感染拡大防止のために、リモートワークや通勤削減が推奨されているため、日程調整において前後の予定の移動時間を確認する作業が増えています。以上のことから、コロナウイルス流行以前と比べて、日程調整業務がより煩雑になっている傾向にあります。
株式会社AIトラベルは、企業の業務改善・業務効率化を追求し、出張管理システム「AI Travel」や経費精算システム「ビズトラ」を提供しております。今回、日程調整業務を効率化することによって、企業が意思決定に集中する環境を整えることを目的としてAIカレンダーを開発するに至りました。

◆AIカレンダー概要
URL:
https://aitravel.cloud/aicalendar/
特徴

移動時間の自動計算・反映:Googleカレンダーの予定に場所を入力し、AIカレンダーにオフィスや自宅など「通常の勤務地」を登録することによって、新たに調整する予定の場所への移動時間を自動で計算し、候補日の自動提案に反映します。
参加者全員の仮押さえ:自社から複数名が参加する場合、候補日時を選択した時点で、全員のGoogleカレンダーに「仮押さえ」として反映されます。
URL送信で連絡完了:調整相手への日程打診は、URLを送信するだけで完了。URLにアクセスすると、候補日時が表示され、選択するだけで日程調整が完了します。
・出張管理システム「AI Travel」と連携:目的地と出発地の距離を自動計算し、交通手段や宿泊施設の予約が必要な予定の場合は、日程確定後にAI travelの旅程検索画面に遷移することができます。


主な機能・候補日時の条件設定(期間、時間帯、所要時間、候補対処にする日数など)
・複数人の予定仮押さえ
・会議室連携(利用中のGoogleカレンダーと連携している会議室が対象)
・AI Travelの経路検索エンジンを応用した移動時間の自動計算
・候補日時の選択
・予定の削除


利用プランFreeプラン
打ち合わせに設定可能なユーザー:1名まで

Proプラン
月額2,178円/(税込)5名(本プラン利用開始から一ヶ月間は無料トライアル期間)
打ち合わせに設定可能なユーザー:無制限
以降、1名追加につき月額330円(税込)が発生します。

※日程調整を行う方が対象。予定に参加するだけの方には費用は発生しません。