株式会社AIトラベルと京浜急行電鉄株式会社、株式会社京急イーエックスインの取り組みが、東京都主催「令和2年度 イノベーション・エコシステム形成促進支援事業 共同プロジェクト」に選定されました。

2020-10-19

|

株式会社AIトラベル(本社:東京都港区、代表取締役 村田 佑介)が京浜急行電鉄株式会社(本社:横浜市西区、社長:原田 一之、以下京急電鉄)、株式会社京急イーエックスイン(本社:横浜市西区、社長:赤倉 淳之、以下京急ーエックスイン)と共同で取り組むプロジェクトが、京急電鉄と株式会社サムライインキュベート(本社:東京都港区、代表取締役:榊原 健太郎)が応募した東京都主催「令和2年度 イノベーション・エコシステム形成促進支援事業 共同プロジェクト」において、選定されました。

【プロジェクト詳細】

プロジェクト名:出張での品川来訪客に対し、データドリブンな「ついで消費」促進ユースケースの企画・検証【品川再開発×出張】

概要:株式会社AIトラベルが保持する100社以上の法人における「出張者の移動データ※」を活用し、これまで見えなかった人々の行動特性を分析・可視化し、ニーズに沿った新しい切り口のサービス・商品の提供を目指します。

本年度の検証・評価内容:

・データを用いた品川駅周辺来訪者の需要把握

・京急イーエックスインと連携した、新しい商品の企画・販売検証の実施

※移動データ:勤務先最寄り駅から出張の目的地までの移動内容をはじめとする、新幹線・飛行機・レンタカーでの移動経路・距離などを集計したもの。


今後も株式会社AIトラベルは、出張に関するデータ活用とビジネス創出・イノベーションに取り組んでまいります。


◆詳細は、下記の東京都戦略政策情報推進本部のページをご覧ください。

https://www.senryaku.metro.tokyo.lg.jp/news/2020/202010_004.html