出張手配自動化サービス「AI Travel」と クラウド型経費精算システム「楽楽精算」がデータ連携開始 出張予約から経費精算の効率化が可能に。 〜「AI Travel」で手配した交通機関・宿泊施設の領収証提出を省略することによって ペーパーレス化とテレワークを促進。〜

2020-04-20

|

株式会社AIトラベルは出張手配自動化サービス「AI Travel」、株式会社ラクスが提供する累計導入社数NO.1※1のクラウド型経費精算システム「楽楽精算」とのデータ連携を開始します。

※1 ITR「ITR Market View:予算・経費・就業管理市場2019」SaaS型経費精算市場:累計導入社数ランキング(初期出荷から2018年12月末までの累計導入社数)より

今回の連携によって、「AI Travel」を利用し手配をした出張旅費データの「楽楽精算」へのインポートが可能になり、出張者の経費精算手続きや経理担当の仕訳処理作業が効率化されます。また、出張経費の経費精算や領収証提出が不要になり、オフィスワークのペーパーレス化や出張者や経理担当がテレワーク可能な環境整備を促進します。

     

連携の背景

従来の出張経費精算では、出張者は出張時に利用した交通機関や宿泊施設の料金を各交通会社や旅行会社のシステムから確認し、経費精算システムに転記する業務が発生していました。また、経理担当者は転記内容と参照元の情報、また提出された領収証の情報が正しいか目視で突き合わせる作業が発生していました。また、領収証が紙で提出されるという業務特性上、出張経費精算業務は出社して行う必要があり、ペーパーレスおよびテレワーク促進の阻害要因の一つと考えられます。

        

■連携概要

今回の連携では、「AI Travel」で予約をした交通機関・レンタカーや、宿泊施設などの利用履歴・出張旅費データを出力し、「楽楽精算」にインポートすることで、出張手配から旅費出張費の経費精算が効率化されるようになります。また、これによって領収証の提出が不要になります。

           

本連携によって、出張経費精算手続きが楽楽精算によって一本化されるため、これまで発生していた交通機関や宿泊施設の情報収集や経費精算システムへの転記や突合作業の工数が削減されます。併せて、転記ミスや情報の間違いによる差し戻しが減り、請求元も「AI Travel」に集約されるため、承認や支払い作業の工数の削減も実現されます。

株式会社AIトラベルは、今後もパートナー企業と連係し、出張に関するデータを収集・分析し、国内最大のビジネストラベルマネジメントプラットフォームを目指します。

                       

■本件に関する問い合わせ先はこちら